食のスペシャリスト!フードコーディネーターに関する基礎知識

食のスペシャリスト!フードコーディネーターに関する基礎知識

女性

フードコーディネーターの仕事

フードコーディネーターは名前の通り、「食」に関するトータルコーディネートを行なう仕事になります。具体的な仕事で挙げますと企業のレシピ作成や食品関係のアドバイス、あるいはメディアでの活動でテレビや雑誌に出演したりもします。他にも料理教室の講師などにもフードコーディネーターが活躍する現場があり、自分の得意分野や強みを活かしながら働ける職業でもあります。

フードコーディネーターになるためには

フードコーディネーターになるためには、特別な資格が必要というわけではありません。そのため、独学で食の知識を深めてから食関連の仕事に就いて、フードコーディネーターになる方も中にはいらっしゃいます。しかし、実際にフードコーディネーターとして現場で活躍していくためには、やはり資格が重視されるケースも多いです。そのため、フードコーディネーターを目指すなら、専門学校や短大、大学に通うことをおすすめします。

フードコーディネーターの給料・年収

飲食メーカーなどの企業や料理教室の講師など様々な現場で働けるフードコーディネーターの給料・年収は人によってまちまちです。しかし、平均年収は300万円~600万円ほどが相場とされています。また、フリーランスで活躍するフードコーディネーターもおり、中には700万円以上の年収を獲得している方もいます。一方で、有名なフードコーディネーターのもとでアシスタントをしている方には年収200万円を下回る方もいらっしゃいます。

フードコーディネーターの将来性

飲食業界が注目される現代では、フードコーディネーターの働ける現場も多く、なお今も活躍できる現場も増え続けています。そのため、フードコーディネーターの将来性は明るいと言えるでしょう。また、飲食業界でのマーケティングビジネスが進出している現在、フードコーディネーターは無くてはならない存在になることが予想されています。

人間に必要な「食」

日本では衣・食・住という言葉があり、人間の生活において「食」が無くてはならないと比喩されています。それは事実で人間が生きていく上で、食は欠かせないものです。だからこそ、食のスペシャリスト「フードコーディネーター」には沢山の活躍の場が用意されているです。

おわりに

フードコーディネーターに関する様々な情報をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。フードコーディネーターは将来性もある立派な職業です。飲食業界でのビジネスを目指す方は、ぜひフードコーディネーターになりましょう。

広告募集中